こころ集まる、馬の国へ。

受け継がれた歴史と伝統の馬事文化を次世代へ、830年目の馬の国に、馬を愛する人々の心が集まる。

福島県相馬双葉地方の新しい未来をつくる、社会課題解決型の地域振興事業として、引退した競走馬の「馬生(ばせい)」を支えるリボーンプロジェクトをはじめます。

コンセプト
——

ふるさとの幸せを願いながら

活動の原点、私たちの願い

私たちの活動は、あの日、2011年3月11日を起点にスタートしました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故により、ふるさとは大きな被害を受けました。
その後、地域の人々や様々な分野の専門家と協力しながら、失いかけた暮らし、人の絆、ふるさとの歴史と文化を守るための活動を続けてきました。

私たちは、復興と創生のために、ふるさとから発信し,ふるさとに根ざした活動をこれからも続けていきます。

相馬双葉地方の人々が「こころ豊かに」暮らせることが私たちの願いです。

テーマ
——

社会の課題と解決

3つの社会課題

problem_one

福島県相馬双葉地方のいま

震災と原発事故のあと、被災地の復興の格差は、かつて一体だったコミュニティの分断を招いてしまいました。ゼロからスタートする復興のビジョンと情熱が「被災した地域の内側でつくられる」ことが期待されています。

problem_two

競馬界を引退する競走馬

日本国内では年間におよそ3,000頭の競走馬が、わずか数年の競馬界での最初のキャリアを終えます。馬の寿命は25〜30歳であると言われています。多くがその後の「活躍の機会(セカンドキャリア)」を待っています。

problem_three

人と馬の文化の継承

1,000年の歴史がある神事『相馬野馬追(そうま のまおい)』のために、生活の一部として馬を飼う「相馬のサムライスタイル」が今も受け継がれています。しかしその文化は、震災と原発事故で少なからず失われました。

解決に向けて


知恵が集まり、行動する。

私たちは「地域からの視点」と「地域への視点」の両方を備えています。

地元の声を代弁する人々や様々な分野の専門家との交流によって、コミュニティが抱えている課題を解決するうえで欠かすことのできない知恵がつながる「人のネットワーク」がつくられています。また、行政機関や国内外の馬事関連団体などとの「組織のネットワーク」も拡大しています。

地域で暮らす人々の目線から、ときには俯瞰することで、たとえ時間をかけてでも解決策を実行できる環境が整えられてきています。

引退馬を支援する「場づくり」アクション

活躍できる場づくり……神事、地域のイベントや文化・芸能行事などへの参加

人と触れ合える場づくり……体験乗馬、企業研修、馬事文化・医療講習会(ワークショップ)、セラピーなど

ずっと暮らせる場づくり……相馬双葉地方を馬の聖域(サンクチュアリ)として

ストーリー
——

人と馬の未来へ

エアカミュゼ

story_airstory_air

2018年3月に相馬地方へ。
人と馬がともに生きる相馬地方の「サムライ文化」を受け継ぐ文化継承馬です。
末広がりで縁起の良い「八」の字と無限大を表す「∞」にちなんで「ハチ」と呼ばれて暮らしています。

エアカミュゼの経歴
(外部のサイトに移動します)

フィールザフォース

story_feelstory_feel

2081年3月にエアカミュゼとともに移住。
ハチと同じく地域の馬事文化を次世代に伝える大切な役目を担う文化継承馬です。
6月には相馬妙見中村神社の遷宮祭関連行事にハチとともに参加し、7月末には伝統の神事『相馬野馬追』へ。

フィールザフォースの経歴
(外部のサイトに移動します)

テイクオングレース

story_takestory_take

2018年6月に相馬地方へ移住。
ディープインパクトの孫。南相馬市馬事公苑で新たなキャリアを目指して、地域の若者とともに日々トレーニングに励んでいます。

テイクオングレースの経歴
(外部のサイトに移動します)

サムライ × 馬
——

人と馬がともに生きるコミュニティの創造へ

私たちには夢があります。

ふるさと相馬双葉地方で受け継がれてきたサムライの文化と馬の文化を融合した、世界でここにしかない、新しいコミュニティを次世代のために創ること。

新しい物語が始まります。
あなたは、この物語を読むことも、書くことも、伝えることもできます。

もしかすると、登場人物のひとりとして体験することも……。

いまできる、3つの応援
——

誰もがプロジェクトに参加できる

Facebookで、いいね!

フォロワーの皆さんは心強い応援団。たくさんの「いいね!」が社会課題解決への大きなムーブメントにつながります。
コメントして、プロジェクトに参加しよう!

NPO法人 相馬救援隊 Facebook
https://www.facebook.com/sohma.aid/

ウェブサイトで、新発見!

いまご覧になっているこのウェブサイトです。
引退馬支援事業をはじめとした相双地域振興プロジェクトの紹介や活動報告、ご支援などの情報を随時更新します。

オフィシャルサイト
www.sart34.org

寄付で、応援する!

引退馬支援事業をはじめとした地域振興プロジェクトへのご支援を受け付けています。

あぶくま信用金庫
名義  特定非営利活動法人 相馬救援隊
    トクヒ)ソウマキユウエンタイ
口座  普通) 0696090